鉄骨フレームを空間の基調にした新基準のガレージ付き賃貸

単にガレージ付きのアパートということではなく、骨組みの素材感がクルマやバイクと共鳴するような、デイトナハウスならではの、スタイリッシュなガレージアパート企画が『WT/Wild Triplex』です。このトリプレクスとは3層住居のことで、ちなみにメゾネットは2層住居を意味しています。1Fのガレージスペースは、鉄骨フレームの緊張感を露出させた空間です。パウダーコーティングを施した艶消し黒のラギッドな骨感とバイクやクルマのメタル感が呼応して、渋さ満点。そしてその奥にはガラスフレームで間仕切りをしたガレージリビングを設定。ご愛用の革張りソファーとインナグリーンで至福の時間を演出できます。 階段を上がると吹き抜け空間の居住スペース。世田谷ベースにも採用されたガルバリウム屋根『Rスパン』を使用しています。寝床と水周りは上のロフトに設定。隣の住民の出すエンジン音も同好の士ですから気にならない。趣味で繋がる理想のコミュニティーです。 ガレージ空間にビニールクロスを張って部屋化した、単なる“ガレージ付アパート”とは明らかに一線を画す、趣味人ご用達の仕様なのです。

1Fのガレージスペースのイメージ。両側の鉄骨フレーム壁面は住まい手の個性が思う存分発揮できる場所。一番奥にスチール&ガラス間仕切りのガレージリビングを作っています。まさにクルマ好き、バイク好きにとって理想のアパートです。

上は1世帯分を表した断面CG。世田谷ベースご用達の曲面屋根『Rスパン』が、適度な吹き抜けとロフト空間の寝床を形成する様子がよくわかります。下は2F居室の空間CG。空間の中間に横切る鉄骨の梁や武骨なボルトが、むしろアクセントになってこの空間を引き締めます。

 
 

@